能力開発ってなんですの?

アクラボ(米子)スタッフの江本です。


アクラボには『能力開発』という看板メニューがあります。

マキシマムステートプログラムアクシスメソッド、マッスル⚡エナジー】

川本と私は『能力開発トレーナー』の資格や技術を持っています。


『能力開発』って何?と思われている方多いと思います。

《能力開発とは…各人が持っている能力をみつけて,その能力をより一層高めること》

アクラボでの能力開発その日にその場で身体能力などを高めることが出来ます。

(動画はアクシスメソッドを使って能力開発しました)

能力開発を受けたことがある方は、

「ウソ!」

「なんで?」

「体の中心に力が集まる感じ」

「さっきみたいに力入れなくても耐えられる!」

「体が軽い!」

などと変化に驚きます。

なぜそうなるの?と聞かれると深い話になるのでここでは割愛します ^^;

大事なことは、いい体の状態になってトレーニングや練習をすることです

いい体の状態にしたい通常のトレーニングや練習というのは、逆にケガのリスクが高くなります。

なぜかというと、バランスや重心の悪い状態、体の連動性が取れていないと思うように体が動かせずトレーニングや練習、体幹トレーニングにより体に無理や負担がかかりケガの原因になります。

練習で肩や肘、足を痛めたり、体幹をつける目的なのになぜか腰痛を起こしたりします。

実際にそういった方が体を痛めて施術に来られます。

もしケガをしたのがお子様であれば、親御様はこういった思いをお子様にさせたくない思うのではないでしょうか?

例えば、体幹トレで腰を痛めるのは、体幹を鍛えることを目的としているのに、腰に負担がかかるような動きしか出来ないからです。体幹を意識したくても体幹が使えないので体幹トレが出来ていないのです。

いい状態ではないので、思うように体が動かせてということです。


では、いい体の状態とは?

◆バランスがいい状態

◆動いてる中でも重心が取れている状態

◆無意識に思ったような動きができる

◆連動性が出ている状態

◆体幹を意識しなくても体幹が使える状態

などいい体の状態に出来ていればケガのリスクも回避できます。

そして競技能力がどんどん向上していきます。(※向上の仕方に個人差はあります)

そういったことをアクラボの『能力開発』で解決できます!

実は中国地方の岡山、広島、山口には『能力開発トレーナー』がいますが、鳥取、島根にはトレーナーが今まではいなかったのです。

そこで私たちが米子に縁があったため米子の地にアクラボを作りました。

これから米子から山陰地方に『能力開発』を発信していこうと思います。


◆自分の本当の身体能力を知りたい あなた

◆上のステージに進みたいまたは進む あなた

◆ケガを治しても治してもケガが耐えない あなた

◆若いもんには負けたくないベテランの あなた

◆まだまだスポーツを続けたいベテランの あなた

色々なステージでされている方がいます。


能力開発(マキシマムステートプログラム、アクシスメソッド、マッスル・エナジー)興味があられる方、体験しようと思われた方、今すぐご予約を!

アクラボ AxisLAB(公式ホームページ)

《アクラボ》山陰初上陸!米子駅前にある軸・動きの整体☆スポーツ障害/外傷☆身体能力開発専門の店!店内の実践スペースを使用し即座に変化を体感できる!子どもの運動トレーニングから各種競技力UPはアクラボにお任せください!