Axis Lab アクラボ

記事一覧(58)

中学生の女の子はなぜシンスプリントになったのか?

『スポーツを愛するすべての人を全力でサポートする』アクラボ(米子)です❗ブログへの訪問ありがとうございます😋今回のブログもシンスプリント (^_^;)先月シンスプリントを発症した中学生Hちゃん。お母様が整形外科でレントゲンを撮ったら疲労骨折がなかったと言うことで、当店のHPをみて来店して下さいました。春先に多いシンスプリントなぜこの時期(春先)にシンスプリントが多くなるのか?高校に進学した春先に多くみられるので、中学生のシンスプリントは比較的珍しいのですが、Hちゃんは中学に上がる時、スポーツの強い学校に行きたくて環境を変えて通学しています。シンスプリントは大きく環境が変わる時に多いのです。練習環境も変わり、とくに強い学校は練習量も上がり、走る量も増えます。ハードワークについていくために、いかに体が使えるのか?が大事になってきます。体全体を連動させて走るのと、足をメインに使って走るのとでは足にかかる負担が違うことはスポーツをしている方であれば分かると思います。しかしこれが上手く出来てるかは中学生や高校生には、なかなか分かりません。アクラボでは簡単な体幹検査がありますので分かりますし、解決する方法もありますので、もしシンスプリントで困っていたらアクラボにお任せ下さい!そしてHちゃんのシンスプリントの施術ですがセルフケアも頑張ってくれたため3回目来院時にはほぼ解消され、あとは月1回ぐらいのメンテナンスで大丈夫です。

中学生 オスグッド改善(本人感想あり)

『スポーツを愛するすべての人を全力でサポートする』アクラボ(米子市)です❗ブログへの訪問ありがとうございます😋オスグッドに2年ちょい悩んでいて、3月末に来店された春から中学3年生になるY君。小学6年の秋からオスグッドになっていて整形外科などに通院していたが改善はしていなかったようです。そして2月上旬…Y君に悲劇が訪れ、オスグッドの場所が激痛で松葉杖をつかないと自力では歩けなくなりました。そこから部活も出来なくなり、学校も親御さんの送り迎えの日々が始まったそうです。アクラボに来たきっかけは、Y君の妹さんがたまたま米子駅前を通りがかった時にオスグッドの文字が目に入り来ることになったという事でした。来店時、足を引きずりながら入って来て「これはヘビー級オスグッドだな…」と心で思いました。1回目の施術で自力で普通な感じで歩けるまで改善しました。2回目(1週間後)の施術で歩行時の痛みは10→1or2まで改善学校では友達から「膝が曲がっとる❗」と急激に変化したことでびっくりされたようです。施術は4回で終了しました。Y君、部活復帰の前に「修学旅行が楽しく行けて良かった」と笑顔で。約2ヶ月ちょい部活を休んだことで持久力などの体力は落ちていたようですが、そこは徐々に復活します。

子供の運動能力をあげるため内緒にしたくなるような秘訣!

『スポーツを愛するすべての人を全力でサポート❗』アクラボ(米子)です!ブログへの訪問ありがとうございます。今回の記事は長くなりますがお子様の運動能力向上には重要な内容になります。お時間ある時にじっくり読んでみて下さい。「ゴールデンエイジ」て聞いたことありますか?    ゴールデンエイジとは、子供のスポーツなどの成長において「センスを磨く事のできる時期」です。簡単にいうと運動神経がよくなる、スポーツが上手くなるなど、何かを上達するためにとても重要な時期になります。ゴールデンエイジは年代で3つのカテゴリーに分けます。「プレゴールデンエイジ」「ゴールデンエイジ」「ポストゴールデンエイジ」「プレゴールデンエイジ」3歳〜8歳ごろ(※)この時期は神経回路が体内に次々と張り巡らされていく時期で、色々な遊びやスポーツを経験させることが非常に有効です。教え込むのではなく、興味を示したことをとことんさせてあげましょう。ただ飽きっぽい時期でもあるので、楽しませながら運動させることが大事になります。しかし現代では公園など遊ぶ場所が減り、夏になると暑すぎたりして外で遊ぶ機会が減っているのが寂しいですね。「ゴールデンエイジ」9歳〜12歳ごろ(※)神経系統の発達が約90%形成されます。今まで出来なかったことが突然できたり、技術やセンスが大きく成長の見込める時期で、思ったように体が動かせるようになっていきます。人の動きを見ただけですぐにマネができたり、すぐに技術を習得出来るようになる時期です。この時期の取り組み方次第で全国レベル、いやトップアスリートになれる可能性を高めることが出来ます。「ポストゴールデンエイジ」13歳〜15歳ごろ(※)神経系統がほぼ100%形成されます。体格が大きく変わり始める時期です。心機能、循環器、呼吸器系統が急速に発達するため、持久力を上げるトレーニングが出来ることで、反復練習など長時間の練習やトレーニングが可能となる。

肉離れしたけど試合に間に合った!

スポーツを愛するすべての方を全力でサポートするアクラボ(米子)です!ブログへの訪問ありがとうございます。今回は肉ばなれについて書いていきます。アクラボのモットーは「試合に間に合わせる!」です。以前、軽度の肉ばなれのクライアント様が来られました。2日前にサッカーの試合中競り合った時にヤラかしたようです。クライアント様はトレーナーの話で2週間はかかるから来週の試合は出れないかもねと言われてたようで何とか間に合わないか?という事で来られました。症状は歩行痛(跛行)、圧痛、やや陥凹あり(受傷後2日目)1回目施術。やや痛みが取れ、歩行もマシになり終了。家に帰ってアイシングとセルフケアを指導しました。しかしアクラボの施術はこのあと効いてくるから個人差はあるけど明日朝は歩くのマシになりますよと伝えました。 (受傷後3日目)2回目施術前の症状を聴くと予定通り朝には歩くのが普通になっていたようです。ただ走ったりジャンプは痛みがあったので(普通はまだ歩くのも痛いです)、それ用の施術をして2回目終了しました。(受傷後5日目)3回目施術前の症状を聴くと、走るのもジャンプもほぼ大丈夫だが違和感あり。念のため施術をし2日後の試合に臨ませました。 試合翌日にクライアント様に試合中、肉ばなれのとこはどうだったか聴くと、「全然 大丈夫でした!」と言われ安心しました。トレーナーには2週間かかると言われてた『肉ばなれ』アクラボのモットーの『試合に間に合わせる!』で1週間後の試合に間に合いました!間に合ったのは私だけの力ではなくクライアント様もセルフケアを真剣にした結果で二人三脚で間に合ったのです。スポーツ障害、外傷でお悩みの方、ご相談下さい。最後まで読んでいただきありがとうございます